またあした

Arashi Around Asia 2008 in TOKYO

銀座で写真展を二件はしごした時、すでにコンサートの開場が始まってることに気がつき、チェックインしに宿に向かいます。が、その前に晩ごはんと、翌朝の果物(フルモニまだやってる)を買いに某デパ地下に入りました。銀座のデパートだから「銀座価格」を覚悟し、でもせっかく旅行にきたのだから、たまの贅沢ぐらい許されるわ…と、こじゃれた青果コーナーへ。が、しかしなぜか果物がありません野菜しか。フロア中うろうろして探すも見つからない。地下鉄だけでなくデパートにまで打ちのめされました。ほかにも行きたい場所があったのに。銀座め!と言いがかりをつけながら宿の近くのコンビニでバナナ1本購入。
宿について急いで準備し東京メトロと都営大江戸線を乗り継いで『国立競技場駅』へ。駅のホームからすでに9割以上女子でぎっしり。エスカレーターも長い行列ができていてなんだか危険な雰囲気なので迷わず階段を上ろうとしたのが運のつき。頂上が見えません(涙)。こんな深い所に駅を作るなんて!コンサートはまだこれからだというのに足腰ガクガク。やっとのことで到着しました。
b0080789_19413283.jpg

(携帯で撮影)
ああ。ついにサッカーの聖地に足を踏み入れる時が!しみじみ…


続きはスルー推奨です!!



しみじみ…なんて感慨に浸っている余裕はありません。
自宅を出る直前、ペンライトの乾電池が切れてることが発覚。
単5だしコンビニでは売ってないだろうし会場で新しいのを買おうと決めていたのです急がねば。

b0080789_19453613.jpg

新ペンライト。
今までのペンライトが乙女チックなのに比べ今回のはへたすりゃ凶器だ。

b0080789_19455028.jpg

振るときは周りに気を配りましょう>ファンのみなさま

b0080789_1946210.jpg


座席につくとほぼ同時に、今回は別の席にいるいつもの嵐友からメールがきたので返信しようとするとなぜか圏外になっている。オープンエアーで圏外ってどゆこと?auの仕様?風向き?開演前に目論んでいた携帯投稿も断念せざるを得なくなり、おとなしく開演を待ちます。
数日前までの天気予報は雨だったのにさわやかな青空。鞄に押し込んできた雨合羽(サッカー観戦で使用)も必要無さそうです。スタンド席の後方には嵐のフラッグが大量にはためいていて、さながらオリンピックのよう。会場は広くぎっしりと埋め尽くされています。あとで7万人と知りました。キャパ1万強が満員にならなかった頃からのファンにとって、ついにここまできたのかと思うと胸がいっぱいです。

17時半開演。

いつものことですが記憶が飛び飛びで、現実と妄想の区別がつきません。
みんなと一緒になって歌って踊って
泣いて笑って
それでも明日を夢みてしまう
ありがとう素晴らしき世界。

そして屋外ならではの豪華な夢の演出の数々。

高く高く、どこまでも高く吹き上げる噴水(水200トン)
いつもより火薬の量がはんぱない(すり鉢状のためか、上にいる私はすごく熱かった)
空に舞い上がる大量の白い風船(10万個)
燃え盛る聖火台(東京オリンピックの時のもの)
じゃんけん負けて罰ゲームの巨大水槽に落ちる海パン王子(=魔王・趣味は海釣り)
そして
そして
ラスト。
この夏もついに見に行けなくて気が変になりそうだった花火が
ここで見れるなんて!(400発)
潤くんが私に言いました「この花火 忘れんなよ!

私「忘れるはずないわ!ありがとう私(だけ)のために。(号泣)」

開演時には晴れていた空が夜にはグレーに変わり、この時間がいつまでも続いてくれたらいいのにという願いは叶わず(あたりまえです)、メインステージの後方に見える尖ったビルの幻想的な灯りが消えるころ小雨とともにコンサートは終わりました。

嵐編 おしまい。

つづく
[PR]
by chiering2 | 2008-09-10 20:01