またあした

ハチミツとクローバー

映画『ハチミツとクローバー』を観てきました。

原作は現在コミックで出てる9巻まで読んでるので、
実写だと崩れるかなーっていう不安と、期待をちょっとだけ抱きつつ。

美大が舞台の美大生5人を中心とした全員が片思いのお話。
これが根底にあるのは同じだけど、だいぶ原作とは違ったなー。
でも長い話を2時間にまとめると最初の方は駆け足になるのは仕方がないかな。

原作の現実離れしたコミカルなエピソードはなく恋愛中心に進んでいく。

配役はイメージにぴったりだったと思う。特に竹本くん役の翔くん。
あ、別にファンだから贔屓目に見てるんじゃなく、
竹本くんの素朴で真っ直ぐな雰囲気がすごく出てた。
いろんなシーンでこの人って目の表情がうまい、と思った。

ちょっと不満だったのは、ひとつひとつのエピソードが盛り上がりかけたところで
ズバっと次のエピソードに移行してしまう編集。
わりと泣けるセリフとか、グっとくるシーンが多いので
泣く準備に入った途端、置いてけぼりにされる気分でした。

あとは、真山がぜんぜんかっこよく描けてなくって(ルックスはかっこいいけど)
あれじゃあ、なんで山田が片思いするのかがわかりづらいと思った。

とかなんとか言いながら、原作にも出てくるんですが
泥酔した山田が真山におんぶされて帰るシーンから涙腺がゆるくなってたけど(笑)

「自分の好きな人が自分を好きになってくれる、たったそれだけのことなのに
永遠に揃わない気がする」

青い!青いよ!
でもそんなセリフで泣いてる自分がもっと青いんだよーーーー!←ばか。
[PR]
by chiering2 | 2006-08-02 00:32 | 写真以外の趣味